MENU

ニキビをつぶすとどうなるのか

ニキビをつぶすとどうなるのか

 

膿(ウミ)を出してしまった方がニキビの治りが早いのでは?と、ついニキビをつぶしてしまったという経験はありませんか?

 

しかし、それはニキビケアとして間違った認識であり、絶対にしてはいけない行為です。

 

なぜニキビをつぶしていけないのか?理由はニキビ跡をつくってしまう可能性が高いからです。

 

あなたは、クレーターやみかんの皮のような凸凹の肌の人を見たことはないですか。
凸凹した肌は生まれつきではなく、ニキビを潰すことにより起こるひとつの結果です。

 

皮膚細胞が傷つくと・・・

 

ニキビをつぶすと皮膚細胞を傷つけることになります。
つまり跡が残る場合があるです。
そして、つぶした際に出てくる膿が周囲の皮膚に付着すると、そこから細菌が繁殖を始め、新たなニキビをつくってしまう場合もあります。

 

このような悪循環な状態に陥らないためにもニキビは絶対につぶしてはいけないのです。

 

また無意識のうちにニキビに触れていたり、ニキビが気になり何度も触ってしまったという経験もありませんか?

 

ニキビに触ると・・・

 

これもニキビケアとしてしてはいけない行為です。
ニキビに触ることにより雑菌がつき、また、つぶすつもりはなくても触っているうちにニキビがつぶれてしまったなど、ニキビを悪化させる原因となるので触るのも厳禁です。

 

「つぶす」「さわる」といったニキビケアとして逆効果になるような間違った習慣を繰り返していると、ニキビ跡が残ったり、炎症がひどくなると一生残ってしまうような跡になる場合もあります。

 

ニキビ跡を残したくなければ、ニキビができた時、それ以上悪化させないように触ったり、つぶしたりせずに、肌を清潔に保ってなるべく刺激をあたえないようにケアしていくことが大切です。

 

では、ニキビをつぶさずにどうやって治すのか?

ニキビをつぶすとどうなるのか

 

軽い症状の場合は、自宅のケアでも改善できます。

 

症状の軽いニキビやニキビ跡であれば毎日きちんとケアしていれば家庭でも改善することができるのです。

 

しかし、普段行っているニキビケア、ニキビ跡ケアでは治せない症状まで悪化してしまった場合は、早めに皮膚科専門の医療機関へ通うことをおすすめします。

 

医療機関で行われている治療方法にはケミカルピーリングやレーザー治療、ビタミンC誘導体配合の塗り薬など、様々な治療法が行われています。

 

病院を選ぶポイントとして、自分が選んだ病院ではどんな治療が行われているかという点です。
なぜなら、ニキビにもニキビ跡にも種類があり、人それぞれの症状に合った治療方法で治療していかなくてはいけないからです。

 

病院へ行ってもその病院で行っている治療方法がひとつしかない場合、それが自分にとって最適な治療法ではないかもしれないからです。

 

病院を選ぶ2つのポイント

 

病院を選ぶ大切なポイントが2つあります。治療機器が充実していること。
治療法もたくさん用意されていることです。

 

必要であれば通う病院を2か所にするなど、自分のニキビ跡の症状に合った治療をしてもらえる病院を選ぶことが大切です。

 

悪化していないニキビ治療の診療は保険が適用されます。
しかし、ケミカルピーリングやレーザー治療、コラーゲン注射など保険外の診療もあります。

 

あなたが治療を受ける場合、保険が適用されるのか適用外の診療になるのかを医師に相談し、確認してから治療を始める方が安心して治療が始められるでしょう。

 

まとめ

ニキビをつぶすと凸凹肌になる可能性がある。
つぶした膿が周囲の皮膚に付着すると新たなニキビを増やす原因となる。