MENU

目次

1.正しい洗顔方法を行う
2.しっかりと保湿をする
3.規則正しい生活をする

正しい洗顔方法を行う

ニキビを作らない3つの方法!【洗顔、保湿、生活】

 

ニキビを悪化させる原因のひとつが間違った洗顔方法です。

 

綺麗に洗えばそれで良いと思っていますか?

 

実は違います。

 

洗顔のしすぎは、必要な皮脂を落としすぎて、かえって皮脂の分泌を高めてしまうのです。

 

ここでは、丁度良い洗顔、正しい洗顔について解説します。

 

ニキビを作りたくない。
ニキビができてしまったのではやく治したい。
このどちらにも大切なのは洗顔です。

 

洗顔なんて誰でもやっているし、そんなの当たり前、と侮りがちですが、実は、正しく洗顔できている人は少ないという統計もでているほど。
間違ったやり方をして、逆効果を生んでいる場合があるのです。

 

洗顔をしないのもよくありませんが洗顔方法を間違えているのも洗顔しすぎもよくありません。

 

間違った洗顔方法というのは、きれいにしたいあまりごしごし擦りすぎてしまうのもそうですし時間がないからと冷たい水でさっと洗いすすぎも1、2回で終わらせてしまうのもそうです。

 

理想の洗顔回数は?

理想の1日の洗顔回数は2回とされています。
思春期ニキビがたくさん出ていて気になるときや汗をよく書く夏場、運動したあとなどは洗顔回数が増える場合もありますが、そうしたとき以外にはニキビがあって気になっても洗顔は2回と決めておいたほうがよいでしょう。

 

洗顔の基本

洗顔方法はまずぬるま湯で顔をすすぐところから始まります。
ぬるめのお湯で行うことで毛穴が開いてきます。
これが熱すぎるとのちに乾燥を生むことになるので手を入れたときにあったかいなと気分よく感じる程度の温度にしましょう。

 

一番の理想はお風呂にゆっくりつかり身体がぽかぽかしているときに洗うのがよいとされています。
毛穴が開いているのでしっかりと洗顔できます。
但し、お風呂の熱いお湯で洗顔をしてはいけません。お風呂のお湯は温度が高すぎるため顔の肌には良くないからです。
お湯の温度は32℃ぐらいに下げて洗顔しましょう。次に大切なのは泡だてです。
毛穴は小さく目に見えない大きさです。もっちりと泡立てて隅まで届くようにしましょう。

 

泡立て用の小さなポンポンのようなものを用意しておくと泡立てやすくなります。
もっちりとした泡で洗う理由は、肌に余計な刺激を与えないためです。
泡が弱いと、手でゴシゴシと刺激を与える洗顔になりがちです。
ニキビに刺激を与えないためにも、もっちりとした泡ができるニキビ用の石鹸で洗うようにしましょう。

 

最後に重要なのが十分にすすぐことです。
30回以上すすぐのがよいとされています。

 

きちんとすすぎ落とさないと残った洗顔料がニキビの原因となってしまいます。

 

しっかり洗ってニキビ知らずの肌を作っていきましょう。

しっかりと保湿をする

ニキビを作らない3つの方法!【洗顔、保湿、生活】

 

ニキビはべたべたした肌にできるのだから保湿は逆効果だと思っている人はいませんか。

 

実はこの保湿、ニキビを作らない肌に必要不可欠な要素となっているのです。

 

ニキビは乾燥した肌にもできます。

 

なぜなら、乾燥することで皮脂を出そう出そうとしてしまうからです。
また、乾燥によって小さくなった毛穴は汚れが詰まりやすくなります。
そして、かさかさ肌のかさかさが毛穴に詰まりやすいからです。これらの理由から乾燥肌でもニキビはできます。

 

乾燥を防ぐためには保湿しかありません。
だから保湿することでニキビが防げるというわけです。

 

この保湿の方法ですが油分の多く含まれているような美容液や保湿液では使い方に十分気をつけましょう。
間違った使い方をすると、ニキビの原因となってしまいます。

 

ニキビのできやすい人は、できればオーガニックなものや、油分の含まれていない保湿液や化粧水を使うことをオススメします。そうすることでおでこなどニキビのできやすい部位に余計な油分を与えずに必要な水分を与えることができます。

 

水分といっても水をパシャパシャつけるだけではすぐに蒸発してしまい必要な水分まで一緒に蒸発してしまうことになりかねないので水分をうまくそこに吸着させるビタミンCや浸透液などの助けが必要です。
それらの含まれているような保湿液を探しましょう。

 

また洗顔の際に熱いお湯を使うと皮脂が溶け出しやすくなります。

 

溶け出しやすすぎて必要な分までいなくなってしまうので乾燥を招くことになるのです。洗顔にも気をつけながら保湿をしっかりと行ってニキビを作らないようにしましょう。

 

また、洗顔のときの石鹸選びも非常に大切です。
お湯の温度などに気を使って正しい洗顔をしたとしても、肝心の石鹸が悪ければニキビを悪化させてしまいます。

 

 

ニキビ専用の良い石鹸を知りたい!

もし、良い石鹸をご存知ないのであれば、「Non A」(ノンエー)というニキビ専用の石鹸をオススメします。

 

通常の石鹸の約4倍の弾力のある泡を作り出しますからニキビを傷つけず刺激しません。
また、炎症を抑える成分、皮脂が多く出ないための成分、保湿効果がある美容成分などが配合されいますので、ニキビに悩む方にはピッタリです。

 

詳しい「Non A」(ノンエー)の製品詳細や購入は、以下の画像をタップ!

規則正しい生活をする

ニキビを作らない3つの方法!【洗顔、保湿、生活】

 

洗顔、保湿、食生活と様々な観点でニキビを作らない方法をお伝えしていますが、肝心なのは規則正しい生活なのです。

 

どんなに正しい洗顔をしていても、自分に合っている保湿液を使っていても、食生活に気を配って果物や野菜を多く取るようにしていても、生活習慣が乱れていてはなんの意味もありません。

 

生活習慣とは寝る時間起きる時間などの睡眠に関することであったり食事をとる時間であったり、トイレに行く習慣なども含めてが生活習慣です。

 

規則正しい生活をしましょうとはよく言うけれどどうやったらいいかもわからないし、実際に仕事をしているとそうはうまくはいかないこともあるかと思います。

 

そこで、規則正しい生活、の中でもこれだけは守っておきたいというポイントをご紹介します。

 

睡眠時間

睡眠は6時間以上とるのが望ましいとされていますがそれぞれ個人にあった適正睡眠時間というものがあります。

 

自分に合った時間を模索してその分寝られるように生活を工夫しましょう。
寝だめはできないと言われますが休日だけでもしっかりとした睡眠をとるだけでも違いはでてきますよ。

 

3回の食事

どんなに朝眠くても、忙しくても3回食事をとるのは重要です。

 

朝食べる果物は時間のあるときにカットしておいて開けて食べるだけにしておくなど簡単に食べられるようにしておくだけで3回の食事が結構簡単にできるものです。

 

ストレスを溜めない

規則正しいとは少し違うように感じるかもしれませんが、ストレスを溜めない生活はニキビにも効果があります。

 

睡眠をしっかりとることで睡眠に対するストレスがなくなりますし、トイレに行く時間を朝とることで便秘が解消され便秘に対するストレスがなくなります。
規則正しい生活とされることをやっていくことで自然とストレスは軽減されていくのです。

 

このポイントをおさえておくことですっきりとした日々を過ごせ、気持ちの上でも落ち着いてきますし、ストレスレスな生活を送ることでストレスニキビを減らすこともできます。

 

ニキビ対策にもまずは生活を見直すこと、これが鍵となります。