MENU

ニキビと睡眠には関係があるの?

ニキビを治すには睡眠時間の長さは重要ですか?

 

ニキビについて重要な質問をします。

 

あなたは何時に寝ていますか?

 

なぜこんな質問をするかと言えば、あなたの就寝の時間、そして睡眠時間は、ニキビにとってとても重要だからです。

 

実は、皮膚の栄養が補給されるのは寝ている間です。
老廃物が排出されて新しい細胞が作られ皮膚の再生が行われるからです。

 

人それぞれ最適な睡眠時間というのがあるかもしれません。
4、5時間眠ればスッキリするという方や3時間で十分という方もいるかもしれません。

 

しかし、それでは健康な肌を保つためには不十分といえます。
一般的に健康な肌を作っていくには8時間くらいの睡眠時間が必要とされています。

 

また皮膚細胞が生まれ変わる時間帯というものがあます。
22時から深夜2時までの間が成長ホルモンなどの分泌量が増える時間帯とされています。
疲労回復や肌の健康と美容面のためにもこの時間帯に睡眠をとることが大切なのです。

 

仕事や勉強などさまざまな事情で十分な睡眠をとれないこともあるかもしれません。
しかし、睡眠不足の生活が続くと皮膚の老化が進みます。
ニキビの他にさまざまな肌トラブルが起こる原因となります。
肌の健康を保つためには、夜更かしもしない方が良いでしょう。

 

早く寝ることが重要

 

先程、新しい皮膚細胞が作られる時間帯が22時頃から深夜2時までという説明をしました。
このことから考えると徹夜で遊んで明け方から眠るということは、睡眠時間は十分だとしても皮膚が新しい細胞を作る妨げとなるということです。

 

つまり、早く寝ることが重要というわけです。

 

夜更かしを続けていると皮膚の老化が早まり、ニキビやニキビ跡を悪化させる原因となります。
新陳代謝が悪くなるため、新しい肌ができてこないわけです。

 

早めに床につき8時間前後の睡眠時間をとるように心がけることで、健康な肌を維持し、ニキビを改善して予防するのに必要なことなのです。

 

さあ、今日から寝不足はやめて、必要な睡眠時間をとるようにしましょう!